3歳児と一緒に作る梅シロップ【初めての手仕事】

梅シロップ作り タイトル

先日ブロガーのお友達が梅シロップを作っていることを知りました。

そのお友達は梅シロップだけでなく、梅酒や干し柿など季節ごとの手仕事を楽しんでいて私は密かに素敵だなと思っていました。

そんなお友達のブログは相手を思いやる気持ちと優しさにあふれているのでよかったら見てみてくださいね。

季節の手仕事に憧れていた私はお友達と話しているうちに「梅シロップなら初心者の私でも作れそう!3歳の娘と一緒に梅シロップ作りをしたら楽しいかも!」と思い、早速作ってみることに。

娘の「やってみたいという気持ち」の尊重とママとして「季節の食」を感じてほしいそんな思いで今回の梅シロップ作りに挑みました。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_喜.png
おかっぱちゃん

単純に3歳の娘がどこまでお手伝いができるのか知りたかったからでもあります。

この記事でわかること

  • 3歳児ができる梅シロップ作りの作業
  • 子供と一緒に行う時の注意点

3歳児と作る梅シロップ
作り方

フォークとスプーン イラスト

ここからは、梅シロップ作りに必要な物と、作り方、参考にしたサイトや梅シロップ作りにぴったりな瓶を紹介しますね。

必要な材料

梅シロップの材料はこちら。

梅シロップ作りの材料を並べた写真
梅シロップの材料
梅シロップの材料

  • 青梅
  • 氷砂糖

青梅と氷砂糖だけ!とってもシンプルで初心者もチャレンジしやすいです。

次に3歳児との梅シロップ作りの作業に必要な物はこちら。

作業に必要なもの

  • 焼酎(消毒用)
  • 梅シロップを入れる瓶
  • ボウル
  • ザル
  • つまようじ
  • キッチンペーパー
  • 新聞紙

新聞紙はヘタ取りや瓶に詰めるときに散らかしてしまっても、片付けが簡単なので私は敷いて作業しました。なのでかならず必要というわけではなくあった方がいい程度です。


作り方

梅シロップ作りの簡単な流れはこちら。

STEP.1
下準備
瓶やボウルを焼酎で消毒します。
あらかじめ消毒しておくと作業がスムーズに進みます。
キッチンペーパーに焼酎を含ませて拭き取ります。

瓶を消毒しているところ
消毒します
STEP.2
梅の準備
まず梅の選別をします。
傷んでいる物やひどく傷がついている物は取り除きます。

梅を選別しているところ
梅の選別

そして梅をよく洗いヘタを取ります。

STEP.3
梅の消毒
よく洗いヘタを取った梅と焼酎を少量ボウルに入れコロコロと転がして消毒します。

梅を消毒しているところ
梅を消毒

消毒したら余分な水分をキッチンペーパーで拭き取ります。

STEP.4
瓶に詰める
梅と氷砂糖を交互に瓶に詰めます。
STEP.5
完成を待つ
1日1回、砂糖と梅が触れるように振り、野菜室で保管し完成を待ちます。

梅と氷砂糖を詰めたところ
完成!

この作業を3歳児と一緒に行いましたがだいたい1時間半ほどで終わりました。


参考にしたサイト

初心者の私でも梅シロップを作ることができたのはこのサイトの記事を参考にしたから。

ブロガーのお友達がわかりやすく作り方をまとめてくれているよ。


ミニマリスト主婦が選んだ瓶

梅シロップって完成までに時間がかかるし、保管する場所の確保をしなきゃいけないからなるべくコンパクトなものがいいなと思っていました。

今回私が選んだ瓶はこれ。

まさに私の理想の瓶でした。

選んだ理由

  • 冷蔵庫のドアポケットに収まるほどコンパクト
  • シンプルなデザイン
  • 小さめのサイズ感

すっきりとコンパクトで使いやすい。シンプルなデザインなので使わない時でも様になります。

シロップ作り以外にも保存便として使い勝手がいい大きさです。

3歳児と作る梅シロップ
子供ができたこと

クラッカー イラスト

3歳児の「やってみたいの気持ち」を尊重した今回の梅シロップ作り。

やってみると3歳児でもほとんどの作業を行うことができました。

3歳児ができること

梅シロップ作りで3歳児ができた作業をまとめました。

お子さんと梅シロップを作る時の目安にしてみたください。

3歳児でもできた手仕事

  • 梅を洗う・拭く
  • ヘタを取る
  • 瓶に詰める


梅を洗う

「梅ちゃんを洗うのをお願いしまーす」と言い、「こうやって洗うんだよ」とお手本を見せてからやってもらいました。

梅を洗っているところ
梅を洗っているところ

もともとアライグマのようにお水で遊ぶのが好きな娘だったので難なくクリア。

きれいに洗ってくれました。


ヘタ取り

次にヘタ取りをお願いしました。

細かい作業なのでできるか心配でしたがつまようじを使って器用に取っていました。

ヘタを取っているところ
ヘタを取っているところ

少しヘタの長いモノは指でそのままとったりしてびっくり!意外と器用だった娘。

小さいおててならではですね。

一緒に作業することで「やったー!取れたー!」とできたことへの達成感を共有することができました。


梅の水分のふき取り

次に焼酎で消毒した梅の余分な水気を拭きとってもらいました。

水分を拭きとっているところ
水分を拭きとっているところ
https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_楽.png
おかっぱちゃん

ここはアルコールに触れてしまうので娘に作業させるかどうか迷ったのですが本人の希望が強く「やってみたいの気持ち」を尊重するために少量やってもらいました。


瓶に詰める

瓶に詰めるのも適当に放り込んでしまうので少し補助しました。

梅を瓶に詰めているところ
瓶に詰めます

「優しく梅ちゃん入れてあげてね」「次は氷さん(氷砂糖)入れてくださーい」といった具合に声掛けしながら入れていきました。

3歳児と作る梅シロップ
大人が気を付けること

ビックリマーク イラスト

3歳児と梅シロップを作っていて大人が気を付けるポイントがいくつかあったので一緒に作るときには気を付けてあげてくださいね。

大人が気を付けるポイント

  • お酒を扱う工程
  • ヘタの取り忘れがないかチェックする
  • 瓶の保管

お酒を扱う工程

瓶やボウルを焼酎で消毒する工程と、梅を消毒する工程は少量ではありますがお酒を扱うので大人がやりましょう。

間違えて子供が口に入れてしまったら大変です。


ヘタの取り忘れがないかチェック

ヘタの取り忘れがないかチェックしましょう。

きちんと取れていると思いますが、中には取り切れずに残っている場合もあるので最終確認をしてから瓶に詰めましょう。


瓶の保管

瓶は大きなものだと想像よりも重いです。

梅シロップ作りでは1日1回砂糖と梅を触れさせるために容器を振る必要があります。

もしその作業もお子さんに任せるのであれば見守りながら行いましょう。

また、シロップの出来具合が気になり保管している冷蔵庫の野菜室を開けてしまうこともあるかもしれません。

その際は優しく声掛けをしてきちんと冷蔵庫を閉めてくださいね。

さあ、梅シロップを作ろう!

瓶 イラスト

娘は梅シロップを作ることに関しては最初から興味深々で、「一緒に作る人ー?」と声掛けをすると嬉しそうに手伝ってくれました

3歳になると自分の気持ちを言葉で伝えることができるようになってきます。

「やってみたいの気持ち」もぐんぐん育ってくる時期なので無理のない範囲でぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

  • 3歳児と一緒に梅シロップは作れる
  • お酒を扱う工程は大人がやること
  • 保存瓶の保管と扱いには注意する

お家でできる簡単な手仕事なので、お天気が悪くてお外に遊びに行けないときなど遊び感覚でできるのでぜひ作ってみてくださいね。

初めての手仕事は「梅シロップ作り」で決まり!