【産後の骨盤矯正】出産がきっかけでぎっくり腰になった!知っておきたい対処法3つ

ぎっくり腰対処法 タイトル

27歳で初めてぎっくり腰になったおかっぱちゃんです。(@okappachan_blog)です。

娘を何気なく抱っこしようとした時、腰に衝撃が走り、動けなくなりました。

幸い、家にいて夫も仕事が休みだったのでなんとか対応できました。

それでも回復するまで家事をするのもままならないほどだったので、子育て中にぎっくり腰にならないためにも気を付けたいことをここにまとめていきたいと思います。

ぎっくり腰の原因は、産後の骨盤の歪みと筋力不足

普段運動をあまりしない方や、骨盤のゆがみが気になる方は気を付けてください。

いつぎっくり腰になるか分かりません。

もし、ぎっくり腰になってしまったときに困らないように対処法を知っておきましょう!

特に産後、骨盤矯正をしていない方、要注意です!

この記事の内容

  • ぎっくり腰の対処法
  • 出産とぎっくり腰の関係

「ぎっくり腰」
対処法は3つ

リスト イラスト

ぎっくり腰にはなりたくないですがもしもの時のために対処法も知っておきましょう。

私が接骨院で教えてもらった対処法は以下のつ。

対処法

  • うつ伏せに寝ない
  • 冷やす
  • 接骨院へ行く

対処法1.うつ伏せで寝ない

痛みが引くまで私はうつぶせになって休んでいました。

休んでいるというより痛くて動けませんでした。

その間、たまたま休みだった夫が接骨院に連絡を取ってくれて、先生と電話で症状などやり取りしていました。

すると「うつ伏せで寝ていると伝えると腰が反ってしまってよくない」と夫から伝えられました。

膝を曲げて、横向きか膝を立てて仰向けに寝るのが良いそうです。

ずっと膝を立てるのがツライ・・・というのであればクッションなどを腰に挟み高さを出すのがいいそうです。

とにかく、しばらくは安静にしてください。

対処法2.患部を冷やす

接骨院への連絡の際、動けないことを伝えると「患部を冷やしてください」といわれました。

ぎっくり腰は筋肉の炎症なので冷やすことで痛みが落ち着きます。

私も、ぎっくりとなった直後は全く動けませんでしたが冷やすと痛みも落ち着きゆっくりと動けるようになりました。

ゆっくりとですが動けるようになったので接骨院へ行きます。

対処法3.接骨院へ行く

最終的にはやはり病院に行くことが回復への近道です。

適切な処置をしてもらうことで日常生活への復帰も早まります。

ぎっくり腰だからと病院へ行かずにいるといつまでも痛みが続いたり、ぎっくり腰を繰り返し発症してしまいます。

私の場合、適切な処置で回復を早めると同時に、
骨盤が歪んでいるという根本的な原因を取り除いてもらうことで、ぎっくり腰を繰り返すリスクを減らすことができました。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_驚.png
おかっぱちゃん

あまりの痛さに動けなくなり
ついに救急車に乗る時が!
と本気で思いましたが
基本的にぎっくり腰での
救急車はダメだそうです。

「ぎっくり腰」
原因と予防法

腰痛 イラスト

ぎっくり腰の原因

まずはぎっくり腰の原因を知りましょう。

ぎっくり腰の原因

  • 産後の歪んだ骨盤
  • インナーマッスルの弱さ

私がぎっくり腰になった原因は上記2つ。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

原因:産後の歪んだ骨盤

出産時、赤ちゃんが通りやすくするために体はホルモンをだして骨盤を緩めます。

しかし緩んだ骨盤はすぐにはもとに戻りません。

1年くらいかけて戻るのですがその間もホルモンの影響で緩みっぱなしです。

産後の骨盤矯正をするならこの1年間がチャンスです。

まだ関節がゆるくなっている状態というのは逆に正しい位置に骨盤を戻しやすいということ。

骨盤を正しい位置に戻し締めることで産後太りや、腰痛の予防になるというわけです。

私がぎっくり腰になったのは出産して2年半が過ぎたころ。

歪んだままの骨盤になってしまっていました。

骨盤は後ろに傾き、バランスを取ろうと上半身は前に傾いていました。

そんな状態の骨盤を支えていた筋肉に限界がきて、ぎっくり腰になってしまいました。

対策:骨盤を矯正するアイテム

骨盤矯正に行く余裕がないという方は、こういった骨盤ベルトだけでもしておくといいでしょう。

産前から産後まで長く使えるタイプがおすすめ。

出産準備グッズに入れておきましょう。

産後は本当に骨盤が歪んでいるのがわかりやすいです。

ふにゃふにゃとして歩くのがやっとなくらい。

日々の暮らしをするためにも骨盤ベルトはマストアイテムです。

原因:弱ったインナーマッスル

ぎっくり腰の原因のもう一つは筋力の弱さにありました。

私の場合、もともとの筋肉量が少なかったことに加えて妊娠でさらに筋肉量が減りました。

歪んだ骨盤と歪んだ姿勢これを何とか正しい位置に戻そうと、支えていた筋肉に疲労がたってぎっくり腰になりました。

筋肉は天然のコルセットなんて言いますがまさにその通りだとしみじみ思います。

対策:筋トレをしよう

産後の筋力の低下を防ぐためにも筋トレをしましょう。

赤ちゃんと毎日二人きりでちょっと辛くなる時もありますよね。

そんな時は鍛えましょう!

わかりやすく書いてあるので接骨院に行く時間もお金もないという方にもおすすめ。

無理なく鍛えて骨盤のゆがみを整えましょう。

「骨盤矯正」
いつ頃行くの?

はてな イラスト

ここからは初めて「骨盤矯正」い行く方の疑問に応えたいと思います。

子供が一緒でも大丈夫

私の通っていた接骨院は産後の骨盤矯正を多く扱っている所で、キッズスペースがありました。

手のあいているスタッフさんが子供たちの相手をしてくれました。

また、産後の骨盤矯正ということもあり生後5~6か月くらいのお子さん連れの方もいました。

接骨院によって対応は違うので行く前に確認することをおすすめします。

産後いつから行けるの?

実は、私産後3か月くらいの時に別の接骨院に行っていたのですが、途中で通うのをやめてしまったのです。

というのもそこはキッズスペースがなく、娘を預けないといけなかったので続かなかったのです・・・。

赤ちゃんも3か月を過ぎたころから徐々に外にお出かけできるので一つの目安として覚えておくといいですね。

MEMO
産後3か月頃から1年の間に絶対に行かなければいけない。というものではないので体調など様子をみながら骨盤矯正することをおすすめします。

どんなことをするの?

歪んだ骨盤を戻すためにマッサージである程度整え、その後機械を使って整えます。

骨盤を整える機械は私は今まで痛みを感じたことがありません。

機械を使わないところもあるので、どんなことをするか気になるという方は直接、接骨院に問合せてみてくださいね。

施術はズボンで受けよう

初めてだと、どんな服装で行けばいいか分かりませんよね。

基本的にはスカートよりもズボンをはいていきましょう。

足を曲げたりするので、スカートだと下着が見えてしまうからです。

ゆとりのあるらくなズボンをはいていくのがおすすめです。

もし、予定がありスカートをはいていく場合は着替えのズボンを持っていくのがいいですね。

まとめ

ノートとペン イラスト

いかがでしたか?
もしぎっくり腰になった時に参考にしていただけたらと思います。

私のように産後、骨盤のゆがみを放っておくと姿勢のゆがみにつながります。

まとめ

  • ぎっくり腰になったら冷やす・安静・接骨院へ
  • 骨盤矯正と筋トレで予防しよう

ぎっくり腰になって痛い思いをする前にもし機会があれば
いちど矯正してもらうのがおすすめです。