joieトラベルシステムは新生児から使える3WAYベビーカー

ベビーカーjoieタイトル

出産準備でそろえた物の中で私がいちばん買ってよかったと思ったのが「joie(ジョイ―)」のベビーカー

ベビーカーって長いと3,4年使います。

兄弟ができたらもっと長い間使うことになりますよね。

この記事を読んでわかること

  • ベビーカー「joie」について
  • 買うべき人
  • 違うタイプのベビーカーを買うべき人

長い期間使うものだからこそしっかり選んで買いたい。

そんな方のために私が今でも愛用しているベビーカー「joie(ジョイー)」の良いところ、ちょっと残念なところをまとめてみました。

「こんなベビーカーもあるんだ!」とベビーカー選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

ベビーカー:joie
愛用している理由

ハートの風船 イラスト

私がジョイ―のベビーカーを愛用している理由はこちら。

joieの魅力

  • ひとつで3通りの使い方

ひとつで3通りの使い方ができる

私が購入したのは「joie(ジョイ―)」の中でもこのタイプ。

ベビーカーとベビーキャリーがセットになっていて1台で3役もできるすごいベビーカー。

使い方のバリエーション

  • ベビーカー
  • ベビーキャリー
  • チャイルドシート

折りたたむことはできるし、4つのタイヤはそれぞれ別で動くのでガタガタの道でもらくらく走行。

ゴムタイプのタイヤなので空気が漏れる心配もなし。

ベビーカーに求める基本的なことを標準装備の上で3通りの使い方ができるのでお得感がすごいです。

この多機能さにひと目惚れしてすぐに購入しました。


ベビーカー

まずは基本的なベビーカーとしての使い方ができます。

ベビーキャリーを装着することで新生児からベビーカーに乗せることが可能。

また、背もたれがほぼフラットな状態まで倒せるのでお子さんが寝てしまったときに快適な姿勢で寝かせてあげることができます。

もちろんコンパクトに折り畳み可能

軽自動車のトランク部分に立てたまま収納可能です。


ベビーキャリー&バウンサー

付属のベビーキャリーがかなり重宝しました。

ベビーカーにカチッとはめるだけで着脱はとっても簡単。

生後しばらくして外に出られるようになった頃、ベビーキャリーが力を発揮します。

たまには外食したりカフェでママ友とお話したりしたい。

そんな時は、ベビーカーは折りたたんでベビーキャリ―だけ席に持ち込むことで安心してママも息抜きできます。

実家に帰ったときやお散歩中に寝てしまっても、ベビーキャリーを外して部屋の中に移動できるので寝ている赤ちゃんを起こす心配もありません

バウンサーの機能がついているのでぐずったら、ゆらゆらさせることもできます。


チャイルドシート

このベビーキャリーはそのままチャイルドシートとして使うことができます。

新生児期からだいたい1歳頃まで。

シートベルトで固定するタイプなのでほとんどの車で使えます。

付属の部品を買えば簡単に着脱可能になります。

里帰りや実家への帰省はこのベビーカーがあれば自分の車だけでなく、実家の車にもつかえるので便利です。

「たまにしか車を使わないのにチャイルドシートを買う」ということを避けることができます。

ベビーカー:joie
こんな人におすすめ

いいね イラスト

ここまではジョイーの良いところをまとめました。

ではどんな人にこのベビーカーがぴったりなのでしょうか?

こんな人におすすめ

  • チャイルドシートの購入を迷っている人
  • 里帰りや帰省の予定がある人
  • 節約したい人

チャイルドシートの購入を悩んでいる人

赤ちゃんがお出かけできるようになるのは2~3か月頃から。

産まれてすぐに必要となることは少ないので、出産準備品として買うかどうか悩むところ。

このベビーカーだど1歳を過ぎた頃からベビーキャリーでは小さく感じるのでいずれちゃんとしたチャイルドシートを買うことになります。

それまでの仮のチャイルドシートとして使うのがおすすめ。

本格的に必要になるまでにしっかりと検討して納得のいくものを購入することができます。

すぐに必要ないけれどチャイルドシートは買っておきたいという方はこのベビーカーがおすすめ。


里帰りや帰省の予定がある人

里帰りやまだちいさな赤ちゃんと帰省の予定がある方にもおすすめ。

ベビーキャリーを実家の車でもチャイルドシートとして使うことができるので事前に準備する物が減りますね。

また、首の座らない赤ちゃんをずっと抱っこで移動するのもたいへん。

小さいうちに帰省の予定がある方はこのベビーカーを使えば両手があくのでスムーズに移動できます。

両手があくという点では1歳児検診や予防接種などもスムーズにうけられます。


節約したい人

新しい家族が増えるので出費もいろいろ増えます。

必要な物だから仕方がないけど、抑えれるところは抑えたいのがほんね。

ジョイーのベビーカーなら、ベビーカーの値段でチャイルドシートとして使えるベビーキャリーがついているようなもの。

お値段以上に活躍するので節約したいという人にもおすすめです。


ベビーカー:joie
残念なところ

雨 イラスト

とっても便利なジョイーのベビーカー。

でもちょっと残念なところもあるんです。

こんな人にはおすすめしない

こんな人にはあんまりおすすめしません。

おすすめでない人

  • 赤ちゃんの顔が見えるタイプがいい人
  • 荷物がたくさんある人

赤ちゃんと向かい合うベビーカーを探している人

私が購入したタイプの物は、新生児期(ベビーキャリーを使用している時)は赤ちゃんの顔をみながら、向かい合う状態で使うことができます。

しかし、残念ながらこどもが大きくなりベビーキャリーを使わなくなると顔が見えない状態でしか使うことができません。

やっぱり顔をみながらお散歩を楽しみたいとい方にはこちらがおすすめ。


荷物がたくさんある人

赤ちゃんとのおでかけはついつい荷物が多くなりがち。

もちろんジョイーのベビーカーにも荷物を入れる部分があるのですが、ベビーキャリーを使っていたりするとちょっと荷物が取り出しにくいです。

荷物が多くなるという方はこういったグッズを使うのがいいですね。

チャイルドシート:joie
もおすすめの理由

葉っぱ イラスト

ジョイーにはチャイルドシートもあるんです。

現役で私も使っていますがとても気に入っています。

私が使っているのはこちらのタイプ。

着脱の操作が簡単

シートベルトで固定するタイプなので着脱がかんたん。

友人の車で出かけたり何回か乗せ換えるときがあったのですが今のところ使えなかった車はありませんでした。

固定もしっかりとでき、ぐらつかないので安全です。


新生児から長く使える

こちらも新生児から使えるので兄弟が産まれたら、上の子はこのチャイルドシート、下の子はベビーキャリーをチャイルドシートとして、というように使いわけるのもいいですね。


足元すっきりタイプ

シートベルトで固定するので足元に固定する器具が必要ありません。

足元すっきりなので荷物も置けちゃいます。

お手入れする部分が少ないのも魅力的。

joie:ベビーカー
でお出かけしよう

ノートとペン イラスト

以上が、私が愛用しているベビーカーとチャイルドシート「joie(ジョイー)」についてです。

ひとつで3通りの使い方ができるので私にとってはかなり魅力的で、使ってみたらとっても便利でした。

それぞれのライフスタイルにあった、お気に入りのベビーカーに出会えますように。