【三角コーナーを手放す】嫌な臭いもぬめりもなくなりました。

三角コーナー手放す タイトル

暖かくなってくると生ごみの臭いが気になりはじめますね。

その発生源はシンクの三角コーナー

調理中にでたごみをためれるので便利なのですが、臭いの原因やぬめりの掃除が大変だったりして、私はあんまり触りたくないアイテムのひとつでした。

そこで、嫌な臭いとお手入れが面倒臭くてプチストレスだったので、思い切って三角コーナーを使うのをやめてみました。

三角コーナーといえばキッチンの必需品!というイメージですが、いざ使わないと決めると案外なくても全然大丈夫だったりします。

生ごみの臭いを抑える、消臭剤で吸収するという方法もありますが私は臭いの発生する場所そのものをなくしました。

この記事を読んでわかること

  • 生ごみの嫌なにおいを消す方法
  • 三角コーナーはなくても快適に生活できる
  • ミニマリストの生ごみの処理方法

生ごみの臭いの原因は?

はてな イラスト

まずは、生ごみの嫌なにおいの原因三角コーナーのぬめり汚れについて知ることで対策を考えましょう。

生ごみの嫌なにおい:原因は?

生ごみが臭う原因に微生物の活動があります。

ビニール袋や三角コーナーに生ごみを捨ててしまいがちですが、これが微生物にとっては最高の環境。

微生物は水分があると活発に働き、生ごみをどんどん腐敗させていきます。

これが生ごみの嫌なにおいの原因です。

生ごみの嫌なにおい:対策

簡単にできる方法として、生ごみを新聞紙に包んで捨てるという方法があります。

これは生ごみの水分が吸収さるだけでなく、新聞紙のインクに含まれる成分に消臭効果が期待できるからです。

新聞紙に包むだけで、微生物が好む水分が多い環境をなくし、嫌な臭いも抑えられるのでこれはぜひ試してみてください。

三角コーナーのヌルヌル:原因は?

じつはぬめりの正体は目に見えない雑菌

常に濡れていて水はけの悪い三角コーナーの中には、生ごみというエサが豊富にあるので爆発的に雑菌が繁殖しあのヌルヌルを引き起こしていたのです。

三角コーナーのヌルヌル:対策

三角コーナーは汚れがたまりやすいので毎日お手入れするのがおすすめ。

食器を洗い、シンクを掃除するついでにお掃除用のスポンジで軽く洗うだけでも効果があります。

あまりにひどい場合はキッチン泡ハイターをまんべんなくかけて、少し時間をあけて流すとヌメリも落ちやすく除菌もできて効果的です。

おすすめキッチングッズ

フォークとスプーン イラスト

毎日のお掃除、分かっていはいてもなかなか三角コーナーまで手が回らないこともありますよね。

そもそもシンクの中に三角コーナーは必要なのでしょうか?

臭いやぬめりを抑えるためには毎日のお手入れが欠かせないですし、思い切ってお手入れがいらない三角コーナーに買い替えてしまうのもおすすめです。

こちらは三角コーナーとほとんど使い方は変わりません。

ポリ袋をセットして調理中に出る生ごみをポイっと入れるだけ。

生ごみの処理も簡単なうえに、ヌメリの心配もなくおすすめ。

スタイリッシュなデザインでキッチンに出しっぱなしになっていてもおしゃれです。

ミニマリスト
生ごみの処理どうしてる?

ごみ箱のイラスト

ここからは、三角コーナーを断捨離した私の生ごみの処理方法を紹介しますね。

三角コーナーを使わなくなって3年、今のところ特に不便だなと思ったことはありません。

以下の処理方法にしてから、臭いやコバエ、三角コーナーのぬめりの掃除のストレスから解放されました。

ぬめり掃除の分の時間をほかの事に使えるようになりいいことばかりでした。

新聞紙で使い捨てごみ箱を作る

新聞紙で箱を作り三角コーナーのかわりにしています。

使い捨てなのでお掃除の手間も省けますし、衛生的。

新聞紙なので生ごみの水分も吸収し、インクの消臭効果も期待できます。

作り方

私が使っている新聞紙の三角コーナーの作り方はこちら。

STEP.1
新聞紙を半分に
まずは新聞紙を用意します。
用意した新聞紙を半分の大きさにカットします。
STEP.2
半分に折る
半分の大きさにカットした新聞紙を横長の長方形になるように置き、半分に折ります。そしてまた横長の長方形になるように置きさらに半分に折り真ん中に折り目を付けます。

半分に折った新聞
半分に折る
STEP.3
三角に折る
真ん中に付けた折り目に向かって端を三角に折ります。

三角に折ったところ
三角に折る

三角形の上のペラペラしている一枚を三角に合わせるように半分折ります。さらに半分、三角形に重ねるように折ります。こんな感じ。

ペラペラを折ったところ
ペラペラを折る
STEP.4
ひっくり返す
ここまでできたら新聞紙を裏返します。

裏返したところ
ひっくり返す

中心に向かって左右を折り曲げます。

左右を折ったところ
中心に向かって折る

折り曲げたら、上の長方形の部分を半分に折り、

ペラペラを折ったところ
上の方を折る

さらにもう半分に折り中に入れ込みます。

折り込んだところ
中に折りこむ
STEP.5
完成
これで完成!開くとこんな感じに新聞紙の箱の出来上がり。

完成した箱
完成!

結構しっかりとした箱の完成です。

生ごみ以外にも、机の上でちょっとっしたごみ箱代わりにもなります。

開く前に三角の部分を折りたたんでコンパクトにしてストックしています。

コンパクトにしたところ
たたむとコンパクト

こんな感じ。

冷凍する

私は臭い対策のためにさらにひと手間加え、生ごみを冷凍しています。

新聞紙のごみ箱ごとビニール袋に入れ、冷凍室へポイ。

生ごみを腐らせる微生物は温度が高いと活発に働くので、冷蔵庫や冷凍室で保管することで働きを抑えることができます。

しかし、食品と一緒に保存するのに抵抗があったので生ごみ専用の冷凍スペースを作りごみの日まで保管しています。

まとめ

ノートとペン イラスト

生ごみの嫌なにおいと三角コーナーのぬめりの解決策について紹介しました。

まとめ

  • なるべく水気を減らす
  • 温度を低くして菌の活動を抑える
  • 三角コーナーをやめる選択肢も

とにかく生ごみの臭いと三角コーナーのぬめりには微生物と雑菌の繁殖を防ぐこと!

これを意識するだけで快適なキッチンになりますよ。

臭いの気になる季節が来る前に、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

おすすめのキッチンアイテム