セリアの柄付きスポンジで水筒はきれいに洗えるの?【レビュー】

スポンジトングレビュー タイトル

今回はセリアで購入した「ハンギングステンレススポンジトング」をご紹介します。

これが買ってみたらとっても便利でした。

我が家には今年から年少さんクラスになった娘がいます。

暑くなってきて、水分補給のために保育園に水筒を持っていくようになりました。

それと同時に私はある悩みを抱えることに・・・。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_哀.png
おかっぱちゃん

水筒がうまく洗えないよー。

 

悩み

  • 娘の水筒をうまく洗えない
  • ボトル用のスポンジはデザインが好きじゃないしかさばるのがイヤ

 

そんな時、セリアでハンギングステンレススポンジトングを発見。

ハンギングステンレススポンジトングとはスポンジを挟んで使う「持ち手」部分の事。

これは使ってみたい!と思い、すぐに購入しました。

 

 

 

意外と多い?
「水筒を洗う」悩み

Twitterでハンギングステンレススポンジトングを購入したことをつぶやいたら、意外な反応がありました。

 

 

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_驚.png
おかっぱちゃん

スポンジが水筒の底まで届かないから、菜箸で挟んで洗っているのは私だけじゃなかったんだ!

 

 

画期的な商品なので、私は多くの人が使っている物だと思っていたのです。

ところが、まだハンギングステンレススポンジトングを知らない人や、同じような悩みを抱える人がいる事を知りました。

ということで、私と同じような悩みを抱える人の解決のヒントになれるようにレビューしていきます。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_楽.png
おかっぱちゃん

ハンギングステンレススポンジトングを買って私のプチストレスが解消されたので、同じモヤモヤを抱えている人は読んでみてね。

実際に使ってみた

我が家には子供用の水筒と大人用のステンレスボトルがあります。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_喜.png
おかっぱちゃん

それぞれ使ってみてどんな感じだったのか写真付きで紹介していきますね。

子供用の水筒を洗ってみた

子供用水筒 写真
娘が愛用している水筒

私を悩ます娘愛用の水筒の大きさはこちら。

 

注ぎ口から底までの深さは約14センチ。

子供用水筒の縦の長さ 写真
注ぎ口から底までの長さ

 

注ぎ口の広さは約6センチ。

子供用水筒の注ぎ口の直径 写真
注ぎ口の直径

 

子供水筒の大きさ(本体のみ)
深さ(高さ) 約14センチ
注ぎ口の直径 約6センチ

 

数字に表すと洗うのが大変という感じはしませんが、スポンジを握った手を入れるのはなかなか厳しい

 

子供用水筒に手を入れている 写真
大人の手は入らない

 

ハンギングステンレススポンジトングにスポンジを挟めばこの通り!

子供用水筒を洗っているところ 写真
子供用水筒を洗っているところ

 

底の方までしっかりごしごしと洗えます。

ピカピカの子供用水筒 写真
きれいに洗えました
https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_喜.png
おかっぱちゃん

子供が使うものだからこそ、しっかり洗いたいですね。

 

大人が使うスリムなボトルを洗ってみた

大人が使う水筒はどうでしょうか?

ステンレスボトル 写真
大人が使うステンレスボトル

 

注ぎ口から底までは約16センチ。

ステンレスボトルの長さが分かる写真
注ぎ口から底までの長さ

 

ステンレスボトルの注ぎ口は約5センチ。

ステンレスボトルの注ぎ口の直径 写真
注ぎ口の直径

 

ステンレスボトルの大きさ(本体のみ)
深さ(高さ) 約16センチ
注ぎ口の直径 約5センチ

 

子供用の水筒に対して大人が使うステンレスボトルは、よりコンパクトです。

もちろん手を入れて底まできれいに洗うことはできません。

ステンレスボトルに手を入れているところ 写真
手が入らない・・・

 

こちらもハンギングステンレススポンジトングを使うことで、難なく洗うことができました。

ステンレスボトルを洗っている 写真
ステンレスボトルも洗えます

 

今まできちんと洗えていなかった汚れもきれいに落ちてさっぱりしました。

ステンレスボトルを洗ったところ 写真
きれいになりました
https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_哀.png
おかっぱちゃん

スポンジを二つ折りにして挟んでいるので厚みが出ます。
これ以上、飲み口が細くなると中にスポンジを入れることが難しいです。

 

 

実際に使っている人の声

ここからは、私の他にも実際に使っている方の声をご紹介。

実際に使っているからこそわかる貴重な情報ですね。

 

確かに、専用のスポンジは使い終わった後に乾くまで時間がかかったり、スポンジから水滴が落ちたりと衛生面で気になるところも。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_喜.png
おかっぱちゃん

ハンギングステンレススポンジトングならいつものスポンジが使えるし、取り外しできるからしっかりと乾燥させることができるね。

 さらにこんな使い方も・・・。

 

 

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_驚.png
おかっぱちゃん

トイレのお掃除ブラシとして使う発想!

これならお掃除ブラシの雑菌の繁殖やお手入れをしなくてよくなりますし、見た目もすっきり。

衛生面に気を付けたい部分だからこその使い方ですね。

MEMO
本来の使用目的ではない使い方をするときは取り扱いに注意してくださいね。

おすすめな理由

私はハンギングステンレススポンジトングを使って、以下のようなモヤモヤが解決できました。

おすすめしたい人

ハンギングステンレススポンジトング、こんな人にぜひ試してほしい。

 

おすすめしたい人

  • 水筒や細いグラスの底まできれいに洗いたい人
  • キッチンをすっきりさせたい人

 

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_楽.png
おかっぱちゃん

ひとつでも当てはまった人にはいちど試してほしいです。

底まできれいに洗える

二つ折りにして挟むことで厚みが増し、スポンジが水筒に密着するので洗いやすくなりました。

洗っている時のステンレスボトルの中 写真
スポンジと泡でいっぱい

スポンジに持ち手が付くことによって、今まで届かなかった深い水筒の底や手が入らない細いグラスなどがしっかり洗えるようになります。

 

キッチンをすっきりさせたい

水筒専用のブラシやスポンジなどのキッチングッズもたくさん売られています。

しかし、最初からスポンジがくっついているものがほとんど・・・。

水筒の底が洗いやすいように、厚みのあるデザインだったり、カラフルなものが多い印象です。

 

我が家のキッチンは狭く、家の中でもいちばんモノがミニマムな場所。
色数もなるべく少なくしたい。

我が家のキッチン 写真
我が家のキッチン

主な調理器具は写真に写っているだけ。

 

スポンジ類も含めて必要なものだけ置いておきたい。

収納場所 写真
タオル掛けに収納

すっきりとシンプルなデザインのハンギングステンレススポンジトングなら、自然と風景に溶け込むことがでます。

 

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_喜.png
おかっぱちゃん

キッチンをすっきりさせたい私にとっては理想のアイテム!

  

基本情報

では、最後にハンギングステンレススポンジトングの基本的な情報をまとめます。

ハンギングステンレススポンジトングについて

 

価格 100円(税別)
素材 ステンレス
長さ 約25センチ

さびにくいステンレス素材。

  

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_楽.png
おかっぱちゃん

100円なのでお試しに買うのに嬉しいですね。

  

使い方

使用方法と注意点 写真
使用方法と注意点

ここで、使い方を簡単にまとめますね。

  

STEP.1
スポンジを折る
スポンジを二つ折りにして、ハンギングステンレススポンジトングに挟みます。

スポンジを挟むところ 写真
スポンジを挟みます
STEP.2
留め具の調整
スポンジを挟んだら留め具をスライドさせて、スポンジを固定します。

留め具をスライドしているところ 写真
留め具をスポンジの方へスライド
STEP.3
洗おう!
これで準備おっけい。

洗うところ 写真
いざ、水筒の中へ

ごしごし洗ってきれいにしましょう。

 

できること

ハンギングステンレススポンジトングでできることは、主に以下の3点

 

  • 吊り下げて収納
  • 500㎖以下のボトル洗い
  • 留め具があるから大きめのスポンジでも使える

 

先端がフックになっているので使わないときはかけて引っかけて収納できます。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_楽.png
おかっぱちゃん

すっきり収納できるのはうれしい。

  

きれいに洗って
すっきりしよう!

  

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_喜.png
おかっぱちゃん

今回はハンギングステンレススポンジトングをご紹介しました。

  

要点まとめ

  • 水筒の底まできれいに洗える
  • スタイリッシュなデザインでキッチンもすっきり
  • スポンジが取り外せて衛生的

 

私もハンギングステンレススポンジトングを使うまでは、きれいに水筒が洗えずにモヤモヤしていました。

しかし購入してからは、ごしごしと洗ってすっきりさっぱり。気持ちがいいです。

https://okappachan-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/おかっぱちゃん_喜.png
おかっぱちゃん

同じようなモヤモヤを抱えている方の参考になればうれしいです。